ナス

ナス

ナスはコレステロールが気になる人に

インド原産のナス科植物。
日本では奈良時代から栽培され、江戸時代後期にはもっとも需要の多い野菜のひとつだった。

 

「秋ナスは嫁に食わすな」とは、美味しいのでもったいないという説と、体を冷やす陰性食品なので、お産に差し障るという説の2つの解釈がある。
「本草綱目」には「多食すれば必ず腹痛、下痢を起こし、婦人は子宮を痛める」とあるので、後者の説が正しいようだ。
ビタミンCやPが血管をしなやかにし、血栓症を予防するほか、紫の色素のナスニンがコレステロール値を下げ、動脈硬化を防ぐ。

 

夏〜秋
主な薬効成分 ビタミンC、ビタミンP、ナスニン
効能 動脈硬化の予防、高血圧の改善、虫歯の予防、歯槽膿漏の予防・改善
効果的な料理法 煮物、炒め物、焼きナス、揚げ物、漬け物、味噌汁の具、カレーやピザ、パスタの具。体を冷やす作用があるので、冷え性や低血圧の人は、体を温める塩や味噌を加えた料理にする。焼きナスや漬け物にショウガを添えるのもいい。

 

ナスの民間療法

 

【乳腺炎や乳房の腫れ】
アルミホイルでくるんで真っ黒くなるまで焼き、梅干しと練ったものを布に塗って湿布する。

 

【虫歯・歯槽膿漏】
ヘタや茎を真っ黒に焼き、粉にしたもので歯を磨く。

 

【いぼ】
ヘタの汁を気長にこすりつける。

 

【打ち身・ねんざ・軽度のやけど】
冷蔵庫で冷やしたナスを縦に割り、患部に直接当てて湿布する。


ホーム RSS購読 サイトマップ