ニンニク

ニンニク

ニンニクは成人病にも効く、元気の素

中央アジア原産のユリ科植物。
「旧約聖書」にも登場するほど、食用の歴史は古い。
ローマの兵士は出陣前にニンニクで精気をつけたという。

 

臭いの元である硫化アリル(アリシン)は、食中毒や感染症に対して殺菌効果を発揮するだけでなく、ビタミンB1と結合してアリチアミンに変わり、疲労回復や強壮に役立つ。
また無臭物質のスコルジニンも、新陳代謝の促進や滋養強壮に効果がある。
この他、整腸(少量でぜん動促進、多量で下痢止め)、グルコキニンによる糖尿病改善、降圧・コレステロール値低下、回虫の駆除、ニコチン・重金属などの解毒をはじめ、さまざまな効能を持つ万能薬。

 

 

主な薬効成分 ビタミンB1、硫化アリル、スコルジニン、グルコキニン
効能 強壮・強精作用、殺菌・防腐作用、糖尿病・心臓病の予防・改善、健胃・整腸作用、発汗、利尿、解毒、高血圧の改善、老眼の予防など万病に効果
効果的な料理法 薬味、スープ、炒め物や煮物・シチュー・ソースなどに加える、丸焼き、スライスして素揚げ、はちみつ漬け、醤油漬け、酢漬け、ニンニク酒。多食すると胃腸粘膜を荒らす。また眼を傷めるので、眼病や潰瘍、胃腸虚弱の人は食べる量を少なめに。

 

ニンニクの民間療法

 

【二日酔い】
ニンニク・ショウガ各15gの薄切りを500ccの水に入れて火にかけ、半量まで煮詰めた物にハチミツを入れ、熱いうちに飲んで寝る。

 

【下痢】
刻んで粥に炊き込んで食べる。

 

【水虫】
すりおろした汁を患部に塗る(肌が弱い人は量に注意)。


ホーム RSS購読 サイトマップ