玉ねぎ

玉ねぎ

血液サラサラといえば玉ねぎ

アフガニスタンからイランにかけてが原産のユリ科植物。
ヨーロッパでは4000年以上前から栽培され、ピラミッドの建設に従事した労働者も玉ねぎ&ニンニク食で仕事の効率を上げた。

 

ニラ、ニンニク、ネギと同じアリウム属の特色である硫化アリルが、駆虫、殺菌、防腐、発汗、利尿、解毒の効果を持つと同時に、ビタミンB2の吸収と利用効率をアップし、体力・気力を高める。

 

特にチオスルフィネートには血栓防止や抗ヒスタミン作用があり、またビタミンCとクエルセチンが血管を丈夫にして、脳血栓や心筋梗塞、高血圧などを予防・改善する。
グルコキニンには血糖値を下げるほか、鎮静作用も。
その為、生の玉ねぎを切って枕元に置くと、よく眠れる。

 

春・秋
主な薬効成分 ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、硫化アリル、チオスルフィネート、リン、グルコキニン、クエルセチン
効能 強壮・強精、糖尿病の予防・改善、高血圧・血栓症の予防・改善、駆虫、殺菌、発汗、解毒、利尿、倦怠感の改善
効果的な料理法 生食、炒め物、煮物、みそ汁の具、スープ、丸焼き。ニラやニンニク、ネギ同様に食べると口臭がしやすいが、梅干し、パセリ、リンゴを口にすることで軽減できる。

 

玉ねぎの民間療法

 

【高血圧・動脈硬化・血栓症】
赤茶色の薄皮10gとコップ1杯の水を鍋に入れ、半量になるまで煮詰めたものを毎日飲む。

 

【糖尿病・倦怠感】
玉ねぎ・大根・わかめをスライスしてサラダを作り、醤油味のドレッシングで食べる。


ホーム RSS購読 サイトマップ