カボチャ

カボチャ

カボチャのカロチン補給で美容にも効果

中央アメリカ原産のウリ科植物。
日本へは16世紀中頃、ポルトガル船により豊後(大分)に伝わった。
夏が旬だが長期の保存がきき、「冬至にカボチャを食べると中風(脳卒中)にならない」とも言われてきたように、昔から冬期のビタミン補給源とされた。

 

カボチャの果肉に豊富に含まれるカロチンは体内でビタミンAに変化し、血管壁や皮膚、粘膜を強化。
動脈硬化、鳥目、眼精疲労、皮膚の美容、感染症の予防・改善に効果あり。

 

ビタミンEの含有量は野菜の中ではトップクラス。
ビタミンEとカロテンにはがんなど万病の一因とされる活性酸素を除去する作用も。

 

ワタの部分には特にカロチンが豊富。
種子は漢方薬の「南瓜仁(なんかにん)」で動脈硬化の予防にいいリノール酸を多く含む。

 

主な薬効成分 ビタミンA(カロチン)、C、E、カリウム
効能 脳卒中の予防、風邪や肺炎など感染症の予防、美肌、眼精疲労の改善、活性酸素の除去。
効果的な料理法 煮物、スープ、炒め物、味噌汁の具、プリンやケーキなどの菓子

 

カボチャの民間療法

 

【せき・たん】
種子20粒ほどを炒って食べる。

 

【回虫・ギョウ虫】
種子30粒を炒って食べるか、種子を粉末にして空腹時に10gずつ、1日1〜2回服用する。

 

【化膿性皮膚病】
種子をすりつぶして幹部に塗る。


ホーム RSS購読 サイトマップ