トマト

トマト

トマトが赤くなると医者が青くなる

南米ペルー、エクアドル原産のナス科植物。
日本で本格的に食べるようになったのは、昭和30年代から。

 

漢方では、血液を浄化し、脂肪の消化を助けると考えられている。
各種の有機酸が胃液の分泌を促し、ナトリウム、カルシウム、マグネシウムなどアルカリ性のミネラルは酸血症を中和してくれるため、肉や魚の付け合せにいい。
血管を強化・拡張するビタミンCやルチンは、高血圧や眼底出血に効果的。

 

赤い色素のリコピンは免疫力を高め、がんを予防する。
またペクチンには整腸作用、グルタミン酸やガンマアミノ酪酸には健脳効果がある。
こうした種々の効果から「トマトが赤くなると医者が青くなる」とのことわざも。

 

主な薬効成分 ビタミンC、ビタミンE、ルチン、リコピン、クエン酸、リンゴ酸、酒石酸、コハク酸、グルタミン酸、ガンマアミノ酪酸、ナトリウム、マグネシウム、カリウム、ペクチン
効能 血液浄化、高血圧・脳出血の予防、免疫力強化=がん予防、健脳、整腸、便秘の改善
効果的な料理法 生食、ソース、シチュー、ジュース、炒め物、焼きトマト。生だと体を冷やすので、塩を添えるか、加熱して食べるとよい。

 

トマトの民間療法

 

【高血圧・眼底出血・歯茎の出血】
毎日トマトを1〜2個食べる。

 

【口内炎】
トマトジュースを口に含み、うがいを繰り返す。

 

【胃潰瘍・十二指腸潰瘍】
トマトとキャベツ(またはジャガイモ)を半々にした生ジュースを、毎日コップ1〜2杯、噛むようにして飲む。


ホーム RSS購読 サイトマップ